読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Several Seven

Several:いくつかの,数名[数個,数度]の 《★【比較】 a few よりは多く many よりも少ないという気持ちを表わし,おおむね 3,4,5 ぐらいの数を意味する; a few は「少数」を含意することがあるが,several にはその含意はなく,また some のように漠然とした感じはない》.

Seven:限定用法の形容詞 7 の,7 個の,7 人の.

【七日間の記録】
忘れることはないので不備忘録。


  • 日曜日-

おかしなことに、世間は始まりと言ったら月曜日らしい。何の始まりかと言ったら、それは一週間の始まりの他ない。
一週間の始まりが月曜日であってたまるか。何が楽しくて苦痛な月曜日を始まりと言わねばならんのだ。
日曜日を始まりとして、二十四時間という長い時間をかけ、いや、日曜日で更に春の陽気に現を抜かした一時間もいるかもしれない。
一時間経つのに六十三分かかる不良品の一時間だ。そんなこともあればと淡い期待を胸に、ゆっくりと、しっかりと一日かけて助走をつけて、
楽勝に月曜日を駆け抜けたいではないか。なあ、そうだよなあ、、と、気付いたら涎で枕を濡らし、きっかり二十四時間で役目を終えた日曜日。

  • 月曜日-

僕らは確かにあそこにいた。シロクマも鳥肌を立ててマフラーを巻くような寒い日に、冷たい手と生温い手を、お互いの温度と気持ちとなんやら心の更に奥にあるものを掻き出すように握り合った。
極寒。肌を突き刺すような寒さの感覚以外の一切を受け入れる余地も与えない。悩みもすべて忘れられるような、いや悩む暇さえ与えられなかったのが正解か。
そんな中、いつの日か、ぎゅうぎゅう詰めの感覚器官に入り込もうと、僕の冬を忙しいものにしようとしたものがあった。何年前か、何世紀前かは忘れたが。
そいつは僕の中に土足で入るわけでもなく、寧ろ脱いだ靴をきちんと揃えて置き、ご丁寧な挨拶まで添えてきた。
「感覚器官のキャパオーバーだ」
そう告げてもそいつはにこにこと顔に皺を作り、僕の瞳を見つめていた。なんだか瞳の奥深くまで、脳内まで見透かされそうな気がした僕は、思わず目を逸らした。

  • 火曜日-

桜の開花予想に、血走るくらい神経質になるお天気お姉さんも、花見の場所取りに任命されている平社員も、陽気なカップルも、もちろん僕も。等しく桜の開花を心待ちにしている。
あっ、月曜日の奴の存在を忘れている気がするが、それは春の陽気の所為にする。仕方ない。
何も言わずにただぼんやりと桜を眺めていたい。
どんなに質のいいカメラを向けても、ファインダー越しの桜は現実の桜とは色も大きさも異なる。感想を口にすると見ているものとは違ったものになってしまう気がする。
ぼんやり眺めてる桜に思いを馳せるわけではない、隣で僕と同じくぼんやりと桜を眺めているそいつが、僕の思いを独り占めしているからだ。ふとそちらに視線を移す。
いっそ桜は桜でも枝垂桜に嫉妬されて、枝に首を刈られてしまえばいいのに、
なんてその場の風情と相容れないことを、全国の桜が束になってかかっても到底歯が立たないであろう、美しすぎる横顔を見ながら僕は思った。

  • 水曜日-

蝉も鳴くのをやめて自殺を図るくらいくそ暑い日が続く。僕はなるべく日陰を選びながら待ち合わせ場所へ急いだ。
額に汗が走る。暑さにやられたのか、時折、役目を果たさない睫毛の所為で汗が目に入る。この沁みて痛いのをびろんびろんになったシャツで拭うと、更にシャツはびろんびろんとし、
びろんびろんうるさいな
と、僕のだらしない身なりに拍車をかけた。
思えば、何も知らなかった頃、何も持っていなかった頃の自分は強かったと思う。
大切なものを持っていたら持っていたで失うことが不安だったし、持っていなかったら持っていなかったでどうしようもない孤独感に苛まれて不安だった時もある。
ただ、前者はどんなにもがこうが辛かろうが不安になろうが、それが例えば人だった場合、自分だけの問題ではないから、苦しいからと容易に手放せるものではない。
大切なものは時に自分を強くするが、臆病にさせることが大半だ。それを身をもって感じた僕は、少しも踏み出せなくなっていた。
持っていないことは、何かを得ようとする執着心さえなくしてしまえばそれまでだ。解決する。大切なものを守る難しさを知らない。失う怖さを知らない。
なんにでも挑戦できて、どこにでも行けそうな気がした。一人でも。いや、一人だからこそ。
最初から何も持っていない人間と、失ったから何も持ってない人間は、似ているようで全く違う。
失ったものの埋め合わせなど、同じものでしか埋め合わせることは出来ない、
僕は、目に浮かぶ、今度は汗とは違うものを、びろんびろんになったシャツで拭った。

  • 木曜日-

食欲やら読書やらスポーツやらここぞとばかりに世間が推し始めた頃、
食欲なんて一年中あるわい、
と相変わらずばくばくと食べ物を口に運ぶ僕。このブレのない一連の動作は、十九世紀半ばのイギリスの産業革命期の工業技術に引けを取らない。
どちらがより機械的な動作を行えるかの大会で機械と競っても間違いなく僕は優勝している。
そんな僕に負けじと食べまくる人間がいた。いた、が、そんなのには目もくれず僕は四つ目のメロンパンを齧る。
そいつは味重視というより塩分を摂りたいだけの様に見え、一瞬目を奪われたが、駄目だ、メロンパンが美味しすぎる。
いや、そいつと食べるからメロンパンが美味しいのかもしれない。そう気付いてからの僕は早い。そいつの全てを知ろうとした。
どうやって味付けしているのか、焼き時間は、材料は、根掘り葉掘り僕は探り、探り、探った。そしてそれを守ろうと思った。
メロンパンとは僕の人生そのものだ。
だが、弱い自分を思い出しそうな感覚に陥った。僕はそいつを消してしまおうと思った。なかったことにしてしまおうとも思った。
でも僕にはそれが出来なかった。まだまだ知りたいことがたくさんあるのかもしれない。
そいつの味付けを、他のものにもしてほしくないな、
とも思った。守る理由は、それだけで十分すぎた。

  • 金曜日-

ペンギンが隊になってスクランブル交差点を行き来してもおかしくないような寒さだ。もちろんスクランブル交差点は今日もどうしようもない人間ばかりが歩いてるのだが。
そして、どうしようもない人間というのは主に僕のことである。
屋根の上に変わった人形が立っている。絞首刑を執行されるみたいだ。眼前に広がる光景に少し驚きながらも、刎ねられた首は地面に落ちることなく天に舞ったのを確認して僕はまた歩みを再開した。
隣のそいつはまだ何かを口に運んでいる。かくいう僕も、口に何かを運んでいる。まあ、同じ目的を持って一緒にいるのだから当然なのだが。
一緒にいて僕は間違いなく変わった。いや、正確に言うと一緒にいる為に自分自身で意識して変わったのかもしれない。
おかしな人間だと思っていたけど、惹かれていったのは確実に僕の方だった。
この日、僕は間違いなく世界一華金という言葉が似合う男だったし、世界一華金という言葉を着こなしていた。

  • 土曜日-

永遠にそれを残す為には、それが存在したという破片を世界中に撒き散らさなければならない。
永遠なんてものはないのかもしれないが、終わってしまうものにこそ価値を見出せるし、無くなるからこそ大切にしようと思える気がする。
だから全てのものに、勿論自分にも、僕らにも、何もかもに終わりが訪れますように、と、いつか終わりが来る凍星に毎晩祈った。
「月が綺麗だね」
「好きって言って」
そんなことを交わしながら、月が太陽にバトンタッチするまでずっと眺めていようと思った。
不思議なことにその日はやたらと月がいる時間が長く、照れ屋の月は時折雲に姿を隠しながら僕らを見守っていた。
同じく照れ屋な僕らは時折顔を見合わせ、月も相手の顔すらも見えないように二人で目を閉じた。
その時間が、どうしようもないくらいに大切に思えた。
不思議だと思う。弱さを知るということは強いということなんだと。今まで過ごした時間は、これからの人生を考えると圧倒的に短いはずなのに、それでもこれから先、
これまで過ごした時間の何倍も一緒に過ごせるような気がしていたし、そう思ったのはきっと僕だけじゃない。
人生なんてどうせ辛いことの連続だ。どうせ辛いなら、少しでも楽しく生きれるような人と一緒にいたほうが得である。辛い中更にマイナスな事なんかしたくもないから、何人もいる嫌いな人のことを嘆くより、好きな人を一人守る方がずっと有意義だ。
そいつが生きる意味になってから、もうメロンパンは久しく口にしていない。
次に会うことが出来るのがたとえ五十億年後だとしても、その時に会えるのがたった三秒だけだとしても、その一瞬の約束が一生を生きる意味になるような気がした。

月がいなくなるのに随分と時間がかかった。が、その分一緒に居られたから悪い気分になどならない。


後で知ったことだが、その日を担当していた時間達は、時間軸管理会社のミスで不良品ばかりが集められていたらしい。
一時間経つのに六十三分かかるあいつらだ。

なんでもないようで深く心に焼き付いた一週間を終え、僕は十二分すぎる程の助走をつけ、少しばかり後ろ髪を引かれる思いを振り払って月曜日を楽勝で駆け抜けていった。